チタン合金屋根が完成間近です

2013年1月21日

resize0184

チタン合金屋根が完成間近です

横葺きのラインがきれいです

 

resize0185

外壁タイルも完成

木肌色の割肌タイルは西光院のアクセント

 

 

resize0187

前回の珍しい形のもの

唐破風の屋根に付きました

板金工事の下地です

『 鳥休み 』 と言います 鬼がついて完成が楽しみです

 

内部では

resize0188

内部では本堂のメインとなる丸柱が匠の技に委ねられ

慎重に加工されています

 

resize0189

柱が林立し間仕切り壁軸組みが出来ました

 

resize0191

階段部分の手摺下地

これから下地に仕上げの下地ボードが張られていきます

 

resize0175

電気の線もコンクリートの中を通されて分電盤の位置に出てきています

どこから来てる線か間違いないように1本1本印がついています

 

resize0177

換気用のパイプの仕込みも終わりました

外壁廻りには断熱材が吹き付けられています

これからは 日ごとに目に見えて変化していきます

 

 

さて、通い路

resize0155

日本中を襲った雪

雪の重みで倒れた木を避けながらやっと帰りました

 

resize0157

さっそく 大きな雪だるま

翌日には帽子をかぶっていました

 

resize0165

翌日 往路

何とか行けそうといつもの通い路

 

resize0166

湿った雪で倒された赤松

この先では完全に塞がれ

やむなくUターン

 

resize0167

真っ白い景色は

いつもの通っていてもなぜか新鮮です

雪の向こうに何かありそうで わくわくします ( 子供ですかね )