よく見聞きしわかり そして忘れず

2012年8月23日

resize1823

ひぐらしが鳴くころに、現場では基礎工事が完了しました。

所変わって今回は、社寺工場で働く若い大工衆を紹介します。

現在社寺工場では3人の20代の若者が、懸命に木と格闘しています。

resize1831

ある者は大学を卒業してこの道を目指し

ある者は10代でこの道を志し

今年加子母に集った若者たちです。

resize1834

育った環境も年齢も異なる3人ですが、共同生活をしながら共に修行中。

見聞きする事のその全てが、初めての体験でしょう。

社寺工場に赴くたびに、彼らの成長する姿を見る事が楽しみの一つにもなっています。

resize1830

そしてこれ以上望むことが出来ない程の棟梁から直接指導を受けています。

願わくは、この時の棟梁の一言一句をよくかみ締めて

常々忘れずにいて欲しいと思います。

resize1832

 

来月には彼らにとって、初めての堂宮の建方が待ち構えています。