造作工事が完了しました

2010年7月29日

連日の猛暑日が続いていますが、本日は久しぶりの雨に恵まれています。

本堂・大玄関再建工事では、遂に造作工事が完了しました。

造作工事の中でも水際立つ、欅材を用いた漆塗りの床の間と床脇も、その全容を現す事ができました。

春より行なわれた造作工事も、これで無事完了です。

これで大工衆は高山に戻り、浜縁の刻みの準備に取り掛かる予定です。

 

現場では、8月より左官工事が始まり、秋までには漆喰壁が仕上がる事になります。

一方、外部に目を移すと

本堂屋根では鬼瓦が取り付けられました。

次回はその紹介をしたいと思います。