2012年

resize2083

2012年12月28日

曲線美を追求する 今年も残り僅かとなりました。 今回は堂宮建築の美しさを左右する屋根まわりを中心に紹介します。 上棟式終了後、軒廻りの作業に取り掛かりました。 今回の工事は、垂木が地垂木と飛燕垂木(ひえんたるき … << 続きを読む >>

resize0147

2012年12月26日

造作工事着工 大屋根コンクリートの上に釘が打ち込める固さの モルタル(スカイモルタルα)でお化粧しました これは、屋根を葺く時釘で留めるための下準備です   お化粧した屋根は ゴム系の接着付シート … << 続きを読む >>

resize2050

2012年12月8日

鬼瓦刻字 現場では寒風吹きすさぶなか本堂の建方(たてかた)が進んでおりますが、今回は瓦の紹介です。 去る11月15日、瓦工事を担当する藤枝市の渡邊商店さんの工房へ御住職をはじめとする寺院関係の方々と設計 … << 続きを読む >>

resize0125

2012年12月2日

西光院躯体完了 上棟式 西光院上棟式です 破魔矢、鏑矢、吹流しが棟に飾り付けられました   皆さん笑顔で記念撮影 おめでとうございます   神妙にここまでの工事に感謝し、今後の工事の安全を祈念して … << 続きを読む >>

resize2016

2012年11月16日

縁(えにし)は巡る 上棟式が終了して半月ほど経過しました。 ここで時間軸を巻き戻して上棟式までの工事の模様を紹介します。   土台、柱、差鴨居と現場での組み付けの後、軒桁を取付け梁丸太を掛けます。 先ず … << 続きを読む >>

resize1992

2012年10月29日

上棟式 平成24年10月28日。 上棟式が厳粛に挙行されました。 生憎の空模様でしたが多くの方が参列し、場外では合羽を持参して見学される方々も多数見受けられました。 上棟式の始まりは法要から。 大般若 … << 続きを読む >>

resize0087

2012年10月27日

R階コンクリート打設完了 秋晴れの中 R階コンクリート打設 平林寺御参りの方にははご迷惑をお掛けしました ご協力ありがとうございました 現場事務所前の駐車場を目いっぱい使って ミキサー車を待機させました コンクリートが … << 続きを読む >>

resize0061

2012年10月11日

R階コンクリート打設 間近 台風接近 建設現場では台風は天敵 その度に養生のシートを閉じたり開いたり   屋根の下 天井裏は ペコと呼ばれる仮設の根太を架けました   仮設の根太の上にコンクリートパ … << 続きを読む >>

resize1920

2012年9月30日

建方はじまる 遂に建方が始まりました。 入念に養生された木材を搬入すると、すぐさま土台伏せを行い建方の準備に取り掛かります。 最初に建てる柱は内陣(ないじん)廻りから。 内陣とは御本尊を安置する空間で、御堂 … << 続きを読む >>

resize0027

2012年9月25日

R階屋根型枠工事ー2   屋根が高く勾配屋根の為、作業用ステージを組立ます 屋根の型枠工事に入る前に 作業ステージを3.6mの高さに作ります   作業用ステージ、この上に足場板を敷きつめ作業床と … << 続きを読む >>

resize1828

2012年9月12日

建方迫る 現在社寺工場では、加納棟梁を含め10人の工匠たちが建方に向けての刻みを行っています。 大船渡より運ばれた松丸太も仕上げの段階に入りました。 夏休み返上で加納棟梁と田口氏が墨付けを行います。 そ … << 続きを読む >>

resize0019

2012年9月7日

R階屋根型枠工事 建物をすっぽり囲う様に外部足場が完成しました その内部では、型枠工事真っ最中です 夏の青空に向って機械が吊上げられています 吊られている機械は『 カニクレーン 』 クレーンが予定の場所まで届き … << 続きを読む >>

墨壷

2012年9月3日

墨壷(すみつぼ)と墨指(すみさし) 墨壷(すみつぼ)と墨指(すみさし)は昔は大工さんが自分で作るのがあたりまえでしたが、現代では新しい技術を使った商品なども開発され、自作する大工さんも少なくなってきました。 墨壷は直線を引く道具 … << 続きを読む >>

resize0015

2012年8月24日

2階床コンクリート打設完了 柱、壁の鉄筋が組み終わって型枠工事です まず、柱、壁を建て込みます   柱から柱へ梁の型枠を架けます   梁が架け終わって、床を張ります   床を張り終わって 鉄 … << 続きを読む >>

resize1832

2012年8月23日

よく見聞きしわかり そして忘れず ひぐらしが鳴くころに、現場では基礎工事が完了しました。 所変わって今回は、社寺工場で働く若い大工衆を紹介します。 現在社寺工場では3人の20代の若者が、懸命に木と格闘しています。 ある者は大学 … << 続きを読む >>

resize1788

2012年7月30日

雨にも負けず、炎天にも負けず 気がつけば7月も残り僅かとなりました。 今回は現場での基礎工事の様子を報告します。 地盤改良工事が完了すると同時に、5月中旬より工事が開始されました。 今回の基礎工事の特徴は、高強度コンクリー … << 続きを読む >>

resize0004

2012年7月19日

1階躯体 大工さん頑張っています 護摩堂 地下部分 外壁防水保護の為クッション材を張り付けて 埋戻し作業です   1階壁型枠作業中です 壁が両面から型枠で塞がれていきます 壁の型枠が出来ると、梁が架け渡されそして床が … << 続きを読む >>

dscf3305[1]

2012年7月13日

1階躯体工事(柱、壁編) 1階の躯体工事始まりです 前回の写真ですが 次の写真から様相が一変しました 大きな鉄筋をつかみこんで繋ぐ機械 基礎工事では地中梁の主筋をつなぎましたが 今回は柱の主筋をつなぎます   … << 続きを読む >>

dscf3278[1]

2012年7月2日

やっと地上階へ 埋め戻して、基礎工事が完了しました 次は1階の躯体(骨組み)工事 まず、1階床下の断熱材敷き込み、50㎜のスタイロホーム 4つ星(F☆☆☆☆)確認 断熱材の上にメッシュを配置して、コンクリート … << 続きを読む >>

ryuto58[1]

2012年6月22日

刻み、着々と 梅雨空の中、現場では雨にも負けず基礎工事が進行中です。 しかしながら、工事は現場だけでは完結しません。 今回は社寺工場での大工衆の奮闘振りを紹介します。 大船渡より運ばれた松丸太も手が加えられ … << 続きを読む >>

0617

2012年6月17日

西光院本堂基礎工事完了 基礎のコンクリートの強度が出るのを待って 型枠を外しました 写真の通りがっしりした立派なコンクリート基礎が現れました この基礎で上部1階2階の重量(約1250トン)を支えます 次は、埋戻し 埋 … << 続きを読む >>

0606

2012年6月6日

型枠工事、コンクリート打設 型枠工事です 職人さんがばってくれました、予定通りです 地下室のベース型枠建込みです 基礎本体の建込み状況     いよいよ基礎のコンクリート打設です ポンプ車をセッ … << 続きを読む >>

resize1822

2012年5月31日

先人の知恵に学ぶ 新緑の息吹を感じる頃、龍登院の周りでは茶摘の風景が日常となりました。 茶畑の鮮やかな新芽が移り変わる様など 普段見慣れぬ風景に新鮮な感動を覚えます。   地鎮式が滞り無く終了すると地 … << 続きを読む >>

0530

2012年5月30日

鉄筋工事 この部分に地下室を作っていきます まず鉄筋を組みます また、見慣れない道具が出てきました この道具でサイズの大きな鉄筋をつなぎます 鉄筋の突合せ部を長さを調整し、錆を落とします ここで先ほどの … << 続きを読む >>