虎渓山 永保寺 本堂・大玄関再建/名勝庭園保存修理工事

虎渓山(こけいざん)永保寺は岐阜県多治見市にある、臨済宗南禅寺派の寺院です。
虎渓の名称は景色が中国廬山の虎渓に似ていることによるといわれています。
鎌倉時代末期の正和2年(1313年)、この地を訪れた夢窓疎石が長瀬山の幽境に庵居しこの禅寺を開創されました。夢窓の帰京後、元翁本元(げんのうほんげん)が寺観を整えたとされています。寺では元翁本元を開山とされるが、開山堂には元翁とともに夢窓の木像も祀られています。
また、寺は雲水が禅の修行に励む臨済宗南禅寺派の専門道場(虎渓僧堂)を併設しています。詳しくは虎渓山HPへ http://www.kokei.or.jp/
竣工予定日:本堂・大玄関:平成23年春 保存修理:平成24年3月
延床面積:656.36㎡/198.48坪
間取り:本堂・大玄関・東司
設計者:(有)菅野企画設計(財)文化財建造物保存技術協会

2011年6月30日

再建工事落慶法要 6月18日。 遂に釈迦三尊の開眼供養と再建工事落慶法要が執り行われました。 愛らしい稚児行列と多治見少年少女合唱団による合唱が、法要に花を添えます。 真新しい本堂には、この日を祝う為に全国より … << 続きを読む >>

2011年5月31日

釈迦三尊安座される 天候も目まぐるしく変わり、虎渓山でも梅雨を迎える時期となりました。 本堂・大玄関再建工事では引渡しの完了後、永保寺の御厚意により寺院関係に向けた内覧会が開催されました。 見学に来られた方々は、 … << 続きを読む >>

2011年4月27日

再建工事無事完了 桜の花も散り、虎渓山では初夏の準備を迎える気配を感じられます。 本堂・大玄関再建工事では、竣工直前に消防検査が行なわれました。 消防検査自体珍しいものではありませんが、今回の防災設備の特徴であ … << 続きを読む >>

2011年3月31日

付帯工事の紹介 遂に4度目の春を虎渓山にて迎えました。 本堂・大玄関再建工事では、ご覧のようにほぼ完成といえる進捗状況になりつつあります。 今回は再建工事に伴う付帯工事の紹介です。     … << 続きを読む >>

2011年2月26日

襖と畳 冬の寒さも峠を越えて、日増しに春の気配が近づいているようです。 本堂・大玄関再建工事では、襖が現場に納められました。 最近ではあまり見掛ける事が出来ない、下貼りは七偏貼り 縁は漆塗りと、製作工 … << 続きを読む >>

2011年1月30日

暖かくなれば完成です 年も明けていよいよ大詰め。  本堂・大玄関再建工事の完成まであと3ヶ月となりました。   少々時間を遡りますが 昨年の12月に木製建具が現場へ持ち込まれました。 今回は舞良 … << 続きを読む >>

2010年11月26日

再建工事は終盤へ 今年の紅葉は例年より遅れ気味で、虎渓山では今が一番美しい時期になっています。 毎日大勢の観光客が、境内の紅葉と再建工事の進捗具合を楽しみながら散策している光景を見かけます。 本堂・大玄関再建工 … << 続きを読む >>

2010年11月1日

基壇の工事 11月に入り、虎渓山では観光客が多くなりはじめています。 しかしながら、今年は例年より幾分紅葉の時期が遅れ気味のようです。   本堂・大玄関再建工事では足場解体後、濡縁の下の基壇工事 … << 続きを読む >>

2010年9月29日

最後の秋を迎えます あの猛暑が嘘のように、最近めっきり涼しくなりました。 虎渓山のもみじも幾分紅く染まりつつあります。 本堂・大玄関再建工事では、本堂棟瓦工事と並行して壁漆喰工事は行なわれました。 屋内とはいえ猛 … << 続きを読む >>

2010年8月30日

屋根工事が完了しました 虎渓山に限らず、全国的に猛暑が続いています。 夏は観光客は少ないのですが、今年は例年より少なく静かな夏になっています。   本堂・大玄関再建工事では、屋根工事が完了しました。 焼失前 … << 続きを読む >>

2010年7月29日

造作工事が完了しました 連日の猛暑日が続いていますが、本日は久しぶりの雨に恵まれています。 本堂・大玄関再建工事では、遂に造作工事が完了しました。 造作工事の中でも水際立つ、欅材を用いた漆塗りの床の間と床脇も、その全 … << 続きを読む >>

2010年7月1日

襖の製作 梅雨明けが待ち遠しく思いますが、昨日より猛暑が続きます。 本堂再建工事では天候に関係なく造作工事中ですが、今回は襖の製作状況の報告です。 先日、製作中の襖を確認する為、表具屋さんに赴きました。 … << 続きを読む >>

2010年5月26日

ただいま造作中 昨年の今頃は、建方の佳境を迎えるのと同時に、上棟式の準備に慌しく追われていたのを思い出されます。 あれから1年後の現在は、大工衆による造作工事が始まりました。   本堂では、ほぼ天井 … << 続きを読む >>

2010年5月7日

ご本師について 虎渓山では春の盛りも過ぎ、いよいよ初夏を迎える気配を感じつつあります。 先日、現在製作中の仏像を見学する機会に恵まれました。 製作を担うのは、京都の平安佛所さんです。 永保寺の御本尊は、国宝観 … << 続きを読む >>

2010年4月21日

春の訪れと共に工事も始動しました 春の訪れと共に、虎渓山では18日より接心が始まりました。 雲水(修行僧)による集中的な修行の期間です。   本堂・大玄関再建工事では、前回お伝えした「現場一般公開」直前に唐破風の鬼と … << 続きを読む >>

2010年3月17日

「現場一般公開」来場の感謝とお礼 涅槃会と宝物一般公開に合わせた現場一般公開が、3月14、15日に開催されました。 両日合わせて2500人以上の来場と、予想以上の反響と関心の高さに改めて身が引き締まる思いがします。 「普通、工 … << 続きを読む >>

2010年2月24日

鬼瓦 現在、本堂・大玄関再建工事は屋根檜皮(ひわだ)葺きが完了し、次の段階に移りつつあります。 今回は、鬼瓦の紹介です。 年末に鬼師の工房を訪ね、鬼瓦の製作状況の確認と打合せを行いました。 今回の鬼 … << 続きを読む >>

2010年1月13日

新年を迎えて 少し遅れましたが、明けましておめでとうございます。 本日は雪の舞う中、観光客の方々がカメラ片手に境内を撮影している風景を見かけます。 工事の進捗ですが、本堂・大玄関再建工事では、昨年唐破風(か … << 続きを読む >>

2009年12月4日

来年に向けて 紅葉の秋が過ぎると、永保寺では朧八大接心と言う不眠不休の修行が始まります。 1年で一番厳しい修行期間です。 その様な緊張感に包まれた空気の中、工事の方も粛々と、しかし着実に進行しています。 & … << 続きを読む >>

2009年11月14日

天井板の検査 本堂、大玄関には100坪を超える無垢の天井板が使用されます。 先日、㈲菅野企画設計立会いの天井板の検査が行なわれました。 場所は岐阜市にある河合銘木店です。   仕様は杉の中杢(なか … << 続きを読む >>

2009年11月11日

2度目の秋 朝晩めっきり寒くなり、皆さん如何お過ごしでしょうか? 虎渓の御山も色彩鮮やかな季節になってまいりました。 工事の方はすこぶる順調に進み、本堂の桧皮(ひわだ)葺きも佳境に入りつつあります。 片面 … << 続きを読む >>

2009年11月1日

瓦のはなし 今回の工事では、桧皮葺き(ひわだふき)工事が一番の特徴ではありますが、瓦工事も存在します。 瓦工事を担当するのは現場から車で30分程度の場所にある伏見窯業さんです。 先日工房へお邪魔しました。 … << 続きを読む >>

2009年10月9日

台風一過の永保寺 各地で今回の台風18号による被害が出ています。 被害にあわれた方に心よりお見舞い申し上げます。 さて、永保寺ですが、本堂は仮設の屋根がかかり、坐禅堂もジャッキアップの状態など、非常に風の影響を … << 続きを読む >>

2009年10月5日

10月5日現在 ずいぶんご無沙汰していましたが、名勝永保寺庭園保存修理工事の施工状況を報告します。 旧坐禅堂壁の調査めくりです。各層ごとに仕様を確認していきます。中塗が2層あり、奥の中塗は表面に上塗り漆喰を剥 … << 続きを読む >>