左官工事

2015年5月30日

5月9日寅の刻(午前4時)鎮め物の儀 厳修

resize0835

大壇の真下に鎮め物が古式に則り納められました

 

resize0834

 

 

resize0832

鎮め物の儀 法具一式

 

 

resize0833

五穀の粥

 

resize0836

祈祷を行いながら鎮物が納められています

 

 

resize0838

さて左官工事  外部壁より工事に着手

壁際のチリ切れを防ぐために暖簾が打たれています

 

 

resize0828

暖簾が丁寧に伏せられています

 

resize0826

お寺の欄間部分は狭く小さい場所が多く大変です

 

resize0824

丁寧に丁寧に

 

 

resize0823

木部を汚さないよう養生も大変です

 

 

resize0825

狭くても定規摺りして平らに

 

 

resize0827

長押から上部のモルタル中塗り

 

 

resize0837

擬宝珠が届きました 大工さんが型取りして高欄を加工します

鎌倉型 5寸です

 

 

 

resize0819

昨年と同じところにドクダミに花が咲きました

夕暮れになるとポツと明かりがついたようです

 

 

resize0820

こんなところにと想うところにきれいな花が

 

 

resize0821

栗の花3分咲き

 

 

resize0822

栗の花満開

爽やかな白い花です これがあのイガイガの栗の実になるとは不思議ですネ!!

 

 

resize0829

黄色い花は工事中の境内を明るくしてくれます

 

 

resize0830

日陰にオヤと思う紫の花です

じっと耐えてひそかに主張しています

 

 

resize0831

波佐見町岳田辺の郷に稲の苗がハウスから出てきました

直射日光に当てて、少し丈夫にしてから田植えです