屋根 本瓦葺き工事

2015年3月24日

resize0729

瓦葺き師さんが現場に入りました

早速、大工さんが掛けていた雨養生のブルーシートをめくり野地板の状態に戻しました

 

 

resize0730

その日のうちにルーフィングを張り これで雨の心配はなくなりました

 

 

resize0731

竪に流したテープは瓦の隙間から葺き込んだ雨を

軒先まで流すための隙間つくりです

 

 

resize0732

軒先の詳細です

僅か3mmの隙間を開けます

 

 

resize0733

軒先の瓦の納まりと割り付け始めの検討です

割り付けが決まると横桟が打ちつけられます。 よく見ると、瓦が3枚重なっています

下から、軒敷き瓦、軒瓦、平瓦 屋根の瓦の総重量は何トン?、この上に軒丸瓦が葺かれます

 

 

resize0735

瓦がずり落ちないための引掛け横桟が打ち終わっています

 

 

resize0736

横桟が終わると、横方向の割り付けをします

割り付けに合わせて竪䙁が打たれました

 

 

resize0737

水切りテープ、横桟、竪䙁の詳細です

 

 

resize0738

竪䙁が打ち終わると、瓦揚げです

軒先の瓦を決めて平瓦が葺かれていきます

 

 

resize0739

寒い中、ご住職様と檀信徒役員様が書かれた御寄進瓦が屋根に揚げられます

 

 

resize0740

リフトに載せられた瓦が屋根に揚がっていきます

 

 

resize0741

屋根に揚げられた御寄進の瓦

 

 

resize0742

一枚一枚丁寧に本堂正面の屋根に葺かれています

 

 

resize0743

檀信徒様の願いが末永く叶いますように

 

 

resize0744

葺かれる瓦は一枚一枚ステンレスの釘で引掛け桟に留められます

 

 

resize0745

平瓦が葺き終わりました

納骨堂の枝垂れ桜は未だ蕾です

 

 

resize0726

次は、丸瓦です平瓦と平瓦の間に葺かれていきます

 

 

 

resize0746

丸瓦の葺き作業です

黒の瓦葺き専用の土を平瓦と平瓦の間に積み上げ

上からそっと丸瓦を押え前後左右のバランスをチェック師ながら葺きすすみます

 

 

resize0727

針金はステンレス製です 軒先の瓦 軒丸瓦は全てステンレスの針金で留めていきます

 

 

resize0724

丸瓦がほぼ葺き終わりました

枝垂れ桜の蕾がふくらみ開花まじかです

 

 

resize0748

平瓦、丸瓦が葺き終わって、本棟、下り棟用の足場の準備です

屋根瓦葺き工事ももう少しで終わります

枝垂れ桜が八分咲きになりました

 

 

resize0728

雨の日は、本棟、隅棟用の役物造りです

 

 

resize0734

瓦葺き師さんが現場に来られた時は庫裡の紅梅が満開でした

 

 

resize0750

平瓦、丸瓦が葺き終わって枝垂れ桜が満開です

 

 

resize0749

波佐見岳辺田の里は春の日差し

心地よい季節になりました

 

 

resize0751

波佐見町は長崎県で唯一海に面して居ませんが

通い路は西彼杵半島のサンセットロード

春の夕日が静かに降りていきます

 

resize0752

貨物船は夕映えの海をトントンとエンジンの音も軽やかに通り過ぎます