2014年9月15日

resize0526

修業大師さんの仮遷座

石燈籠は解体され後日復旧されます

 

 

resize0527

本堂建屋の解体も終わり基礎部分の盛り土と基礎石の撤去

 

resize0528

解体工事もすっかり終わりました

 

 

resize0530

檀信徒代表と建設委員をお迎えして起工式

 

resize0531

いよいよ本格工事に着手、まずは、池の浚渫及び縮小工事です

 

 

resize0532

大型バキューム車により沈殿土を吸い取り搬出

 

resize0533

池には、排水会所が設置され埋戻されていきます

 

resize0534

埋戻しが済むと、池を覆っていた樹木の伐採 高所作業車も使われました

 

resize0535

すっかり伐採され、光が奥ノ院入口まで差し込んでくるようになりました

 

resize0536

伐採された樹木は、大型トラックで搬出されます

resize0537

樹木が搬出されスッキリした敷地となりました

太鼓橋も大部分が解体されこれから大変身していきます

 

resize0538

本堂の柱、虹梁は記念品として加工されるため加子母へ運ばれていきます

 

resize0539

山椒の実が赤く色づき

 

resize0540

境内の萩も花をほころばせました